催芽機へ投入

 今日、お昼すぎに池につけていたコシヒカリの籾を催芽機へ投入しました。池につけていた籾たちは水分を含んで重くなっていました。
 普通はこの催芽機へ薬と一緒に3日くらいつけこんで消毒しますが、その変わりに池につけることにしたのでした。そして、3日くらいたったあと、水の温度をあげてやると芽がでそうになり、籾がふくらみます。籾がふくらんだらもう蒔き時です。
上の写真はカバーをかけて熱をかけている状態です。こういう道具のネーミングセンスにどうしてもなじめません。みのる2号。。。
おそらく、明日の午後あたりには蒔き時となっているはずです。水から上げて、ござに籾を広げてさらっとするまで乾かし、それを苗箱に蒔きます。
今年もうまく発芽してくれることを祈るのみです。

Takao

0 コメント :

コメントを投稿

 

アーカイブ

メールにおとどけ

メールにおとどけとは

あかめのおこめの記事がメールに届きます。詳しくはこちら