お先に稲刈り

 今日は奥の田んぼを先に稲刈りしました。
もうすこし待とうかとも思ったのですが、台風きそうだし。
 かなり草にやられてしまったのが残念ですが、
いろいろと学ぶことも多く、いい経験になりました。
場所によってかなり成育状況が違います。
自分なりにその理由の仮説をたてたので、次は改善されるかな。
 4時間近くかかりましたが、無事きれいに刈り取りを終了しました。
草も多かったですが、生き物がたくさんいる田んぼでした。
稲刈りの最中にたくさんつばめとトンボがとびかっていました。
真ん中に見えるくぼみのようなところは、ケリの巣があったところです。
ケリのことは以前も書きましたが、もう一度。

今年、この田んぼをはじめて借りうけ、トラクターをかけていると。。。
なんか見かけない鳥にやたらと威嚇されたのでした。
鳥の動きを見ていると、どうやら巣を守っている模様。
なんと、田んぼのど真ん中に巣を作っていたのでした。

巣を見てみると、すでに卵が。。。

つぶしたり移動するのも申し訳なく、結局そのあたり一帯をさけて田んぼを作りました。
田んぼで作業しているといつも「ケーン、ケーン」という声で威嚇されました。。。
あまりにしつこい時は「何もしないから静かにして!」と言いながら。
ケリの立ち場で考えると、そりゃ怖いですよね。

田植えも終わり、稲が膝くらいに育った頃、ケリの子どもは無事孵りました
相変わらず威嚇はされましたが、かわいいひなを見た時はとてもうれしかった。

お米づくりは失敗したかもしれませんが、ケリが無事育つ環境を提供できました。
いつの間にかどこかに行ってしまいましたが、また来年会えるかもしれません。

昼からは来週末に迫ったあかめのおこめの稲刈りの準備をしました。
はざかけ棒を軽トラに積んで田んぼに運んでおきます。
すこし多めに運んだのですが、それは願いも含めて運んだのです。
これをぜんぶ使い切るだけの収穫がありますように。

あかめのおこめの田んぼはとても美しく、今年は満足の出来です。
といっても、他の田んぼの半分よりすこし多い程度だと思いますが。

あかめのおこめの稲刈りでは、今日刈ったお米を食べていただける予定です。
奈良の農のプロ、羽間さんの自然栽培のコシヒカリの種から育てたお米です。


Takao

1 コメント :

  1. シリウス星人2014/09/24 18:18

    ケリって鳥の名前を初めて知りました。
    鳥の巣を避けて田んぼを作るって、愛だね。アートですね!
    やっぱ、なかがわさん、仙人だね!

    稲刈り、お疲れ~

    返信削除

 

アーカイブ

メールにおとどけ

メールにおとどけとは

あかめのおこめの記事がメールに届きます。詳しくはこちら