黄金の国ベンガル

3月30日から4月9日まで、バングラデシュという国に行ってきました。
田んぼにも来てくれていた友人がこの国で働いています。
バングラデシュはベンガル人の(バングラ)国(デシュ)という意味だそうです。
インドのカルカッタのすぐ横にあるこの国は、イスラム教徒が大半の国で、昔は東パキスタンという名前でした。北海道の2倍くらいの面積に人口1億6千万人くらいが住む、世界で最も人口密度が高い国です。
さて、みなさんはこの国に対するどんなイメージを持っているでしょうか?
ほとんど知らない、もしくは貧しい国、というイメージがあるかもしれませんが、さてさて、どんな国だったでしょうか。次回からバングラデシュの旅のお話をしていきます。

Takao

0 コメント :

コメントを投稿

 

アーカイブ

メールにおとどけ

メールにおとどけとは

あかめのおこめの記事がメールに届きます。詳しくはこちら