黄金の国ベンガル06

上の写真はダッカのグルシャン地区のマーケットです。僕がバングラデシュを訪れた目的は布と出会うことでした。このマーケットは、富裕層向けの商店が並んでいます。ダッカでは、ボナニ、グルシャン地区は高級住宅地らしいです。マーケットは色とりどりで楽しいのですが、チープな感じのものが多くて、なかなか僕の琴線にふれるものはありませんでした。この日は断念しました。
2枚目の写真はニューマーケットと呼ばれる大きな商店街です。モスクを中心に、まわりに比較的きれいな様々な店がひしめきあっています。写真は朝10時すぎ、朝から強烈な雨がふり、ようやく少しましになってきたころです。のんびりと店をあけはじめる人々、彼らはこの商店で商売をし、時間になったら交代でモスクにお祈りにいくようです。
本当に大きな規模の商店、心してかからねばと、お腹を満たしてからじっくり見ることになりました。
ニューマーケットのファーストフード店です。実はこの店に入るまで、まったく同じような見た目のファーストフード店を4~5件覗いたでしょうか。僕には最初何が違うのかわかりませんでしたが、同行の友人はきれいでおいしそうなチキンバーガーを探していた様子。お腹がすいてどれでもいいかなと思っていたのですが、たしかに最後に見つけたこの店は、他の店と違って美味しそうなチキンバーガーです。さっそくチキンバーガーとマンゴージュースを頼みました。僕が訪れた4月頭は、マンゴーの季節の少し手前、皆が一様にほめたたえるバングラのマンゴーを味わえず残念な気持ちでした。ですが、なんとここのマンゴージュースは市販のペットボトルのものでなく、生マンゴーのジュースでした。熟れたマンゴーを冷凍保存して、ジュースにしてくれたようです。
生マンゴージュースはとても濃く、そして甘いです。甘いものがすこし苦手な僕は結構残してしまいました。安くない飲物なので、「贅沢日本人だね」と友人が僕の残した分を飲んでくれました。あぁ、はずかしい。ものを大切にする心を忘れてはいけません。最後の最後、残りは自分で飲みました。はじめ、残しましたがマンゴージュースは本当に美味ですよ、あしからず。
バングラには女性と一緒に行くと大変かもしれません。とにかく布がたくさんあり、しかも多種多様なのでいつまで見てもなかなか次に進めません。僕も布好きなので、一人だったらいつまでも見ていたかも。。。同行者に気を使いながら、名残おしく店をまわりました。ただ、ここにもあまり僕が好きな布はありません。探せばあるかもしれませんが、同行者に変に気を使ってしまうことと、昼すぎになってきて人が増えてきたのでなかなか集中できませんでした。けれど、僕のわがままで、リネンの布を探しにニューマーケットと道をはさんだ向かいのマーケットに行くことになりました。
ここからが地獄、、、ニューマーケットをでたとたん、人人人人、、、、カメラを取り出すのを忘れるくらい人があふれています。友人とはぐれそうになりながら、じりじりと前に進みます。ダッカは道路も込んでいますが、人の暮らし場所もものすごい込みよう。
露店にこれでもかとサンダルが並んでいたり、絶対買わないよねっていうがらくたばかりの店、ふと足下を見るとなぜか大きなお皿にイチゴのパックが並んでいます。カオスです。こんな経験もいいものだ、と思っていたのは最初だけで、徐々に人々の活気にエネルギーが吸い取られてくたくたになりました。
ようやく布屋さんについて、リネンもあったものの、もはや購入意欲はどこかに飛んで行ってしまいました。僕は、もう少し人が少なくて自然がおおいところが好きかな。。。

Takao

0 コメント :

コメントを投稿

 

アーカイブ

メールにおとどけ

メールにおとどけとは

あかめのおこめの記事がメールに届きます。詳しくはこちら