「地球のかげ」


昨日の夜、外で腰掛けながらもの想いにふけっていた
12時を過ぎていただろうか。
秋風が涼しく、すこし肌寒さを感じるようになっている。
虫の音色が静かで澄んでいて、短い秋の訪れを知らせていた。

夏が遠ざかっていく。

すべてがぎらぎらと輝いてまぶしい季節。

ボクが生まれた季節。

夏の思い出が鮮明に浮かび上がってくる。
小学生のとき、夏休みにはいつも祖母の富山の家にいった。
ワンボックスの車、後ろの席をぜんぶたおして毛布をしく。
兄とイヌのクロちゃんが一緒にいる。
後ろの席はボクにとって、動く秘密基地のようだった。
夜の高速道路、車の光が流れるとボクらの空間はその光に彩られる。
何とも言えないわくわくした気持ち。
車は、まるで未来の希望に向けて走っているようだった。

思い出して胸がいっぱいになってきた。
ボクが旅に出たいと思う時、きっとあの時の気持ちとつながっているだろう。
さらに、その根っこにはもっと古い思い出がつながっていることに気づく。

ボクと兄が通った保育園。
山のふもとにある自然に囲まれたあの場所。
家からは遠いけど、ボクらのために両親が探してきてくれた。

はじめの数年間だろうか、母がこぐ三輪自転車で通った。
父が改造してくれて、三輪自転車の後ろはボクと兄の特別席になった
荷台にはふたがついていて、二人は隙間から外の景色を眺められる。

ゆっくり流れる景色がきらきらと輝く。
荷台のゆれが楽しいリズムを刻んでいる。
風が草花の香りを運んでくる。

片道1時間はかかる坂道を、母はボクらを乗せて通ってくれた。
毎日がわくわくする旅のようだった。

親の愛に見守られてすごした幸福。
ボクら兄弟にとって、あの思い出は心の奥深くでいつも光っている。
母と父が背中を押してくれているような安心感がそこにある。

記憶の点と点がつながり、自分が誰なのかがすこしわかったような気がした。


ふと空を見上げると月が光っていた。
下弦の月だ。

月のかげの部分に目が奪われる。
月のかげは地球のかげのはず。

けれど想像と違うかたちだ。
月の円に地球の円が重なるようになっているはずだが。
今宵の月のかげはほぼ一直線に見える。

しばらく見ていると、ふと気づく。


ああ、あの一直線に見えるかげはおおきなかげの一部だったんだ。

空にうかぶ月。
そのかげの輪郭がのびていき、おおきな丸いかげが見えてきた。


「地球船に乗っている!」


かげは自分が座っているこの地球の存在を浮かび上がらせた。

空に描かれた地球のかげは想像以上に大きく弧を描いていた。
圧倒的な存在感が少しの恐怖を感じさせる。
けれど、しばらく見ていると逆に大きな安心感が湧いてきた。

さっき思い出していた記憶と急につながる。


ああ、地球という大きな存在がいつも見守っていてくれている。
月に向かう自分の背中を、大きな大きな地球が支えてくれているんだ。
父と母に守られたあの幸福、もっと大きな地球にも守られているんだ。

脳が勝手に変な回路をつなげてしまったのかもしれない。

けれど、この大きな安心感はボクをとても幸福な気持ちにしてくれた。
 

アーカイブ

メールにおとどけ

メールにおとどけとは

あかめのおこめの記事がメールに届きます。詳しくはこちら