「本へのとびら」

「本へのとびら」
宮崎駿著 岩波新書

僕がよく読む岩波少年文庫、宮崎駿さんが選んだ50冊が載っています。
まだ読んでいない本もたくさんあったので、これから読む楽しみが増えました。
50冊の紹介の後は児童文学書に対しての宮崎さんのお話が収録されています。
岩波少年文庫のことというよりは、児童文学、映画、読書のことなどが自由に語られています。
漫画家の杉浦茂を評価されているのにはなるほどと思いました。
杉浦茂さんの漫画はそれほど読んだことがないのですが、何かキラキラした良質の宝物のようでした。

子ども時代に感じていた驚きに満ちて光輝く世界。
大人になっても感じ続けることは出来ると思います。
その部分を自分で閉じてしまわなければ。


Takao

0 コメント :

コメントを投稿

 

アーカイブ

メールにおとどけ

メールにおとどけとは

あかめのおこめの記事がメールに届きます。詳しくはこちら