「海に住む少女」

「海に住む少女」シュペルヴィエル 著 永田 千奈 訳
光文社 古典新訳文庫

どこか萩原朔太郎を思わすような感じをうけました。
僕はかなり好きな感覚です。
短編がいくつか収録されているのですが、どれも美しく哀しい物語です。
物語を書いたことがないので間違っているかもしれませんが、
たぶんこれらの物語は作者が自分の中奥深くまで降りて行かねば書けないものだと思います。
ぱっとでてくるようなものではなく、工芸品のようにじっくりと練られたものに感じました。
人間の手の中で温められたもの。
オススメです。


Takao

0 コメント :

コメントを投稿

 

アーカイブ

メールにおとどけ

メールにおとどけとは

あかめのおこめの記事がメールに届きます。詳しくはこちら